フロントクラッシュバーの加工

今回はフロントクラッシュバーのなんちゃって加工です。
  
フレームとスプリンガーフォークは
年式どおりの28度で揃いましたが
クラッシュバーとフロントフェンダーが未だ
1940年代(29度用)の部品であるので
フロントダウンチューブエリアのクリアランスが
1度分だけ詰まっています。
 
こちらは1936年式後期〜1940年式のクラッショバー。
プレスしたステーになる部分はこれくらいの長さ。
   
オーシャンビートルにある1938年式EL。

わずか5年しか採用されていないので
このような状態の良い純正品を探すのは困難です。
そして超高価デス。
 
これは1940年式以降のクラッシュバー。
フレームが29度になり1度寝たので
それに合わせて(かどうかは確証を得ませんが)
ステーになる部分も長くなっています。;;;;
   
1度分のずれの影響でハンドルを左に切ると
フェンダー下端がクラッショバーと擦れています。

走行には問題ありませんがどうしても納得いかず。
   
1940年式までのクラッショバーは
レプリカが発売されていますがこちらも448ドルと高値。

とうことでなんちゃって1930s化を施します。
まずはドリルでステー部内側に穴をあけます。
   
穴は当時カタログとにらめっこして
内側に20mmほどずらしてみました。

穴は11φ。
    
  グラインダーで余分な部分をカットして
黒スプレーを軽く吹いて塗装します。

   
早速装着です。
こちらが加工前。
   
こちらが加工後。

クラッシュバーがフットボード側に
20mmオフセットされたので擦れなくなりました。

448ドル節約成功♪
   
ついでにマッドフラップに注油。
3年ほど放置したのでガンガン吸いましたw







inserted by FC2 system